エコフィールド 表題
HOME 製品一覧へ フューゲルA フューゲルE/ENC フューゲルT07 フューゲルST フューゲルFG 会社概要へ お問合せへ カタログを見る。

「フューゲルT07」は、動植物油を 常温で固体化させる油吸着凝固剤です。

  • 動植物油が混入している廃液でも、常温で短時間に吸着凝固させます。
  • 食品工場の廃天ぷら油など油だけでも簡単に処理出来ます。
  • 動植物油、鉱物油など多種の油が含有される廃油も簡単に処理出来ます。
  • 水分は吸着せず油だけを吸着固形化します。
  • 高温の油には使用しないでください。

特にご要望の多い「常温で使える動植物油用の吸着凝固剤」です。

「フューゲル」は、有害物質を含まず毒性が無い事から 環境汚染を心配することなくご利用いただけます。

「フューゲルT07」の吸着テスト

廃天ぷら油の吸着テスト
  「フューゲルT07」 矢印 水に浮かべた10gの廃天ぷら油
  「フューゲルT07」  水に浮かべた10gの廃天ぷら油
    
矢印 「フューゲルT07」を添加 矢印 廃天ぷら油を完全に吸着凝固
  「フューゲルT07」混入後の放置状態  廃天ぷら油を完全に吸着凝固
 

「フューゲルT07」の凝固状態
「フューゲルT07」の凝固状態
 

特         徴

  1. 動植物油を常温で吸着し固形化します。また、鉱物油等も固形化できます。
  2. 水分は吸着せず油だけを吸着固形化しますので、油の回収作業も簡単に行えます。
  3. 油の吸着量は対象油に依りますが、通常は油の重量に対し 10〜15%(w/w)で処理できます。
  4. 焼却処分できます。 (本製品から有毒なガス成分は発生しません。)

使  用  方  法

  1. 使用前に、よく振り混ぜてから使用してください。
  2. 「フューゲルT07」を添加し、油全体と接触する様に攪拌後、10〜20分放置すれば凝固します。
     水が混在しない油のみを固める場合は、油の重量に対し5%程度の水を予め加えてから添加して下さい。
     油凝固物に若干のベトツキが有れば、当社品「フューゲルA」を少量振りかけて併用してご使用下さい。
  3. 油凝固物を 濾別 又は 水面からすくい上げ、又は 取り除けば処理完了となります。
  4. 3.の廃水が弱アルカリ性であれば「酸」で中和した後、排水して下さい。
      注意:処理水は放流する前に所定の法令に基づき水質基準に適合するか確認テストを行った上で放流してください。
「フューゲルT07」の添加量と吸着凝固時間
対 象 油 種添加量(重量比)吸着凝固時間(分)
廃天ぷら油10 〜 15 %10 〜 15分
菜 種 油 8 〜 12 % 8 〜 12分
ご ま 油10 〜 15 %10 〜 15分
オリーブ油15 〜 20 %15 〜 20分
B 重 油 8 〜 12 % 8 〜 12分

注意:上記データーは、対象油の温度や粘度によっても変化します。ご使用の際の参考にしてください。

種 類 と 性 状

「フューゲルT07」
外 観灰白色粉粒体
見 掛 比 重0.25〜0.35
PH(1%)けん濁液PH=9〜10
荷   姿10s入紙袋詰
 
お取り扱い上の注意
(1) 本製品の変質を防止するために水分、直射日光、高温多湿、屋外保管は避けてください。
(2) 分離しやすいのでよく振り混ぜてから使用してください。
(3) 「フューゲルT07」必ず常温で使用してください。 仕様上高温では使えません。
  高温な油の攪拌や加水などは、危険ですので絶対にお止め下さい。
(4) 油凝固物を焼却処分する場合、本製品からは有毒なガス成分は発生しませんが、対象油によっては、
  有毒なガス成分が発生することがありますので、廃ガス処理の出来る焼却炉で処分して下さい。

ページTOPへ

Copyright (C)2005 Eco Field Co.,Ltd. All Rights Reserved