エコフィールド 表題
HOME 製品一覧へ フューゲルA フューゲルE/ENC フューゲルT07 フューゲルST フューゲルFG 会社概要へ お問合せへ カタログを見る。

「フューゲルA」と「他 社 品」との比較テストを実施した結果です。

〔1〕A重油の凝固状態と添加量の比較
〔2〕凝固物の状態の比較
〔3〕化学合成潤滑油の凝固状態と添加量の比較
〔4〕まとめ

画像拡大時の指定 標準 80%に縮小

〔1〕A重油の凝固状態と添加量の比較

テスト方法
(1) 水に浮かべたA重油(鉱物油)に油凝固剤を添加して、油と凝固剤を攪拌し15分放置。
(2) 添加量の違いによる放置後の状態を比較。 添加量は少ないほうが良い。
(3) 「他社品」は、鉱物油用を使用しています。
写真-1写真-2写真-3
「他社品」「フューゲルA」の添加後比較 「他社品」20%&25%添加の凝固状態 「フューゲルA」15%添加の凝固状態
写真-1 写真-2 写真-3
拡大
JavaScript を無効にしている環境では利用できませんので写真をクリックしてください。
比較考察
「フューゲルA」は「他社品」に比較し、より少ない添加量で強力に作用しています。

〔2〕凝固物の状態の比較

テスト方法
(1) 水に浮かべたA重油に対し「他社品」25%「フューゲルA」15%を油面に均一に散布し15分放置。
(2) 攪拌しない放置後の状態を比較。ベタツキの無いほうが回収が容易。
(3)「他社品」は、鉱物油用を使用しています。
写真-4写真-5写真-6
凝固物をシャーレーから取り出す 凝固物を紙上に置き紙を垂直にする 凝固物を、細かく引き離す
写真-4 写真-5 写真-6
拡大
JavaScript を無効にしている環境では利用できませんので写真をクリックしてください。
比較考察
「フューゲルA」は「他社品」に比較し、ベタツキが無い為に回収や運搬も容易です。

〔3〕化学合成潤滑油の凝固状態と添加量の比較

テスト方法
(1) 水に浮いた化学合成潤滑油に凝固剤を添加、油と凝固剤が均一になる様攪拌後15分放置。
(2) 添加量の違いによる放置後の状態を比較する。添加量は少ないほうが良い。
(3) 「他社品」は、潤滑油用を使用しています。
写真-7写真-8写真-9
凝固物の染み出し比較添加量35%の比較 「他社品」50% 「フューゲルA」35%の比較
写真-7 写真-8 写真-9
拡大
JavaScript を無効にしている環境では利用できませんので写真をクリックしてください。
比較考察
化学合成潤滑油を処理する場合の添加量は、
「フューゲルA」 30〜35% 「他社品」 55〜60% が必要であると判断します。

通常の油凝固剤では、鉱物油系潤滑油を凝固しない製品もあります。
化学合成潤滑油は、鉱物油系潤滑油を凝固させる場合よりも、添加量がより多く必要です。
「フューゲルA」は、鉱物油系潤滑油を処理する場合の添加量は 15〜25%です。

〔4〕ま  と  め

比較テスト〔1〕〔2〕〔3〕の結果から考察致しますと「フューゲルA」
(1) 他社品に比較し、鉱物油、化学合成潤滑油ともに約半分の添加量で完全に油を凝固させます。
  価格は「他社比較品」の60%以下(テスト時点1s当り当社調べ)です。
  価格と添加量からトータルコストは「他社比較品」の30%程度と考えられます。
(2) 鉱物油、化学合成油の区別無く使用出来る油凝固剤です。
(3) 凝固物は「ベタツキ」や「滲み出し」も無く、後処理も「作業性の良い」優れた商品です。
(4) 油漏れ等の使用時は、一刻も早く凝固させる事が油の拡散を防止します。
  散布量の低減は、拡散範囲の低減につながり、より少ない散布量で処理する事が可能となります。

フューゲルAに戻る
ページTOPへ

Copyright (C)2005 Eco Field Co.,Ltd. All Rights Reserved